スプレッドが安い業者を選ぶのは勝利への鉄則

スプレッドが安い業者を選ぶのは勝利への鉄則

ところで、FX投資をするときには、ふたつの価格が提示されていることにお気づきでしょうか。参考にしていますクロスリテイリング←クリック
ドル/円が120.50−120.55という感じで表示されます。心配でしたらクロスリテイリング株式会社←ここから確認
これは2ウェイプライスと呼ばれる、FXの独特の価格の付け方によってこうなっています。まずはココから→クロスリテイリング FX-Jinのサイトを見る。価格を提示するのはFX会社などのFXの業者です。先ほどの価格提示の意味は、FX業者が120.50で、ドルを買い、120.55でドルを売ります、という意味です。個人投資家目線で言うと、ドルを売りたいときは120.50で取引できて、買いたいときは120.55で取引できるという事です。なぜこの二つの値段差があるのかというと、簡単に言うと、FX業者の取り分になります。そして、業者の買い値(投資家の売り値)をビット、業者の売り値(投資家の買い値)をアスクといいます。そして、このビットとアスクの差をスプレッドといいます。お気軽にご相談ください。クロスリテイリングで検索を。
スプレッド、良く聞く言葉だと思います。これはいうなれば手数料の様なもので、FX会社によって、スプレッドの安い高いがあります。なので、スプレッドの安い業者で取引することがとても大事になるのです。お探しの情報はクロスリテイリング株式会社←こちら。