借金の問題を解決するなら

注文住宅の強み

首都圏に住んでいると、限られた土地にビッシリと戸建住宅が立ち並んでいる光景を目にすることは珍しいことではありません。 
まるでペンシルハウスのような感じを受けます。
しかし、それよりももっと狭い敷地面積の上に機能的な一戸建ての家を見ることもあります。
知人の家は、まさにそうなのですが、家に入ってみると、外から見るより、意外と広い生活空間が広がっています。
1階は玄関とガレージだけで2階、3階と上に行くと、立派なリビングがあり機能的なキッチンが設備されていました。そして3階は、ご夫婦、子供さんの部屋。
最上階は屋上でちょっとしたコテージです。
外から見るとまったく家の中の空間がイメージができない程に広いのです。
これは分譲では中々できない建物だということが知人の話で理解できました。
建築設計士の人と何度ども打ち合わさをして、作り上げ注文住宅だったからです。
知人本人や奥さんの話や希望を聞いて、理想的な家の設計図が出来上がったとのこと。
どんなに狭い場所でもつくり方によっては、夢のある一戸建てが出来上がることを知りました。
まずはコチラのサイトの京都 設計事務所をお読みいただければと思います。