借金の問題を解決するなら

面倒だけど目の健康のため

今日は年に一度の健康診断で眼科へ行ってきました。

 

まず最初は視力検査から始まりました。私は近眼で眼鏡を掛けているので、裸眼で検査→眼鏡を掛けて検査、の順です。
その後は、座って機械を覗く検査(正式な名称が何というのかは知らないのですが…)を複数受けました。
機械を覗くと赤い光が見えるので、それを見つめながら検査してもらったり、なにやら眼球に向けて空気が発射されたり…(この辺りは、具体的に何に関する検査をしているものなのかはよくわかりません)。
最後は視野が欠けていないかのテスト。これも機械を覗きながら一点を見つめ、視界にチカチカと点滅するものが映ったら手に持ったボタンを押す、というものでした。チカチカと点滅するものは上下左右など色々なところにランダムに現れます。

 

一通り検査が終わると、結果が出るのを待って眼科の先生から説明を受け、異常がなければそこで終了、という流れです。
検査自体も割と時間が掛かるし、待ち時間も長めで少し疲れるのですが、説明を受ける時が一番ドキドキします。
やはり目に何か異常があったら怖いですからね…!

 

今回は幸いなことに異常なしと言われましたが、30代以上になると緑内障などの病気になる確率が上がってくるため、年に一度は必ず検査を受けて欲しいと言われました。
特に、強い近視の人は緑内障になるリスクが通常より高いのだそうです。私はかなりの近眼なのでその話を聞いて少し怖くなってしまいました。
面倒ではあっても、やはりこれからも定期的に検診を受けなければと思いながら眼科を後にしました。

 

とりあえずは異常もなく無事に終わってくれて良かったです。
お悩みならば宮前区 眼科がお奨めです。